エンパニヘアカラ―の特徴!イチゴカラーも

エンパニカラーの特徴!

エンパニヘアカラーの特徴!乾燥ダメージ軽減

ヘアカラー 千葉 エンパニ

縮毛矯正カラー 縮毛矯正カラー 縮毛矯正カラー 縮毛矯正カラー

エンパニカラー!美容室カラーやホームカラーとは、100%別物

エンパニヘアカラーは、かなりの結果を導き出してくれます。その特徴は、縮毛矯正毛でもヘアカラーが行えるという点にあります!縮毛矯正と単純に表現しても、縮毛矯正という技術において1人1人の毛髪状態はかなり違い、中には、出来ない状態(ギリギリ)の毛髪方もおります。良く技術者のアドバイスを聞きヘアカラーを行ってください。さて、エンパニ縮毛矯正を行っている方々では、ほとんどの方が美髪状態を手にしていることと思いますが、継続的に行うヘアカラーは、エンパニのヘアカラーをお勧めいたします。エンパニ技術において、縮毛矯正を行った場合、結合強化という状態を作り上げておりますが、1度ぐらいは、ホームカラーや他店美容室のヘアカラーでも良い状態を維持します。しかし、2度3度と続けていくと必ずバサバサになり、最悪になります。皆様の目的は、美髪であるのであれば、他のヘアカラー法を絶対に入れないことをお勧めいたします。また他店、縮毛矯正をその後行う場合、意外にきれいに収まります。これは、エンパニが、毛髪内部の強化を行っているからです。そんなにひどい技術者でない限り、酷い結果にはなりません。しかし1度他の技術が入ると、分解ダメージが始まります。この様なことは避けるべき内容なので、他店縮毛矯正は、ご遠慮ください。

縮毛矯正とヘアカラー

エンパニ技術というのは、美容師が毛髪の化学的反応を理解しその薬剤工程にて、的確な判断をすることで得れれる安定効果です。薬品がいいとか、このトリートメント剤がいいとかではなく、美容師の質です。例えば、エンパニを習い始め、同じ材料を使っても初めのうちは、結果を出せません。全て薬剤の量や薬剤の特性が、いかにその髪に反応するかを想像し、薬剤を選びその状態でも、技術的判断は、70%ほどの適格性で、毛髪に着けた状態でその毛髪の変化の様子を見極め薬剤進行を調節することが重要となります。同じエンパニ技術といいながらも、エンパニ技術習得者としてもそのレベル差は人それぞれ出ます。しかし、一般にない技術レベルでの差なのでご安心ください。また、お気に入りの技術者をお選びください。

エンパニカラーの効果・特徴

エンパニカラー法は、髪内部の結合状態が安定に導かれ、、多少のダメージ緩和が行えます。通常、必ずダメージが進行する事が常識です、ダメージ緩和は、かなりの技術発達と言えます。ヘアカラーの刺激は、PH10あり、縮毛矯正矯正剤より高い状態なのでかなり毛髪は、厳しいです。しかし、エンパニでは、その刺激を和らげ、後に毛髪が安定する内容を与えることが可能なのです。このことは、縮毛矯正を行う多くの方に喜ばれる内容です。そして、色が染まるのは当たり前、むら無く鮮やかさを引き立てます。ダメージを出しづらく、後の乾燥も出にくい!縮毛矯正にも優しい矯正毛に対して、非常に良い結果をもたらし、水分補給力に優れ、毛髪は、ツヤ感を取り戻すことができます。毛髪内部にヘアカラーにおける汚染物質を排除しつつ毛髪を維持できる。皆様に継続して頂きたいカラーです。

ヘアカラーは、毛根を・・・

カラーでは、多くの方が感じている現象が起きています。なぜか、髪が細くなってきた、抜け毛が気になる、変な癖が多くなってきた?など、ヘアカラーが原因ということは、誰もはっきりということはできません!年齢とともに出てくることも含まれるため一概には言えないのが現状でしょうしかし、あるやり方をすると細かく毛髪が生えてきたとか、最近多くなった気がするとか、良い報告は出てきております。このメニューは、特に、脱毛軽減などというネーミングはつけられませんが、好評ヘアカラーというぐらいのネーミングで行えます。もし心配やそのような現象を求める方がいるのであれば、スタッフにご相談ください。

ヘアカラーの特徴や魅力が出ています。

違う技術法で、ヘアカラーと縮毛矯正を行っているこの2枚の写真は、4ヵ月後、これだけの差が出ています。

縮毛矯正縮毛矯正エンパニイメージ
ヘアカラーにも縮毛矯正の結果を悪くしてしまう、理由がございます。

縮毛矯正やヘアカラーの何が悪いの?

量販店で、ヘアカラー剤を購入しご自身で髪を染めることができますが本当に美髪を求めているならば、このようなことは、絶対にやめてください!美髪を求めるならばの話なので、そこに興味がなければ、良いと思います。まず、髪にダメージをおこさないために必要なのは、塗り方、時間、コーミングそのあとの髪の洗い方です。はっきりといってしまうと、ホームカラーでは、絶対に痛みます。ホームカラー成分で何々配合とありますが、ダメージが出ていることが前提で、何々成分で、毛髪内部や表面状態のごまかしを行っているだけです。根本的な解決は、染め方にあるので、薬品が髪を染める以上髪に与える刺激はさけられないということが本質です。美容師に染めてもらうことがやはり髪にとっては、良い事なのです。さらに、髪に刺激のない状態を作ることが本当に重要で、このことができるエンパニ技術者に任せて頂けると本当に美しくなると思います。

カラー後トリートメントはいらない?

当店、油系トリートメントメニューがございません、サロンのシャンプー台でも濃密トリートメントは、ございません!からむ事を防ぐ、コンディショナー程度のものを使用しております。毛髪に成分を入れ込むということ自体が不必要と考えております。人の結果は、想うこと、理想を想像し近づける意識を持つこと!だから、理想は現実化する!このことが本当にいえる事かと思います。人(技術者)は悩むべきです。悩めば技術は、開発されていきます。だから私どもでは、いかにダメージなくを想像し、技術を作り上げてきているためこれらの素晴らしい内容が、出来上がっていることをご理解ください。

人にやさしいエンパニで!

カラーチャートメッセージ

カラーのプライスは、10,000円~です。ご希望の色味は、カラーチャートよりお選び下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ