ダメージなく強いクセストレートヘアーに!

強いクセストレートヘアー情報
クセをストレートヘアーに大変身

クセストレートヘアーにするためには、しっかり毛髪の特徴を抑え薬品を選べるかにかかっている!美容師は、正しいことを知れば必ず技術で結果を出せる!何故かというとそれは化学反応だから!正しい反応しか起こらない、指導者に無理がある、嘘が存在した場合その結果は安定しない!でも美容師はその結果を見ても本当の美髪を知らないから疑わない、、、化学反応にたまたまはない、全て条件を満たせば同じ反応になるのが化学反応、複雑ではなく以外に単純(わかれば、、です。)でも皆さんは、間違ったことを教わり、嘘の言い訳を信じているのでどんどん下手になります。原因が見えない、わからないここが続きます。

クセストレートに上手く矯正する

クセストレートヘアーに生まれ変わらすために美容師は、知識を身に付けしっかり毛髪を分析し特徴を捉えその毛髪がどのような化学反応を起こせばしっかり美髪に導けるかを考え、薬品を選び技術を調節し、道具を選ぶ事ができなければなりません!昨年の8月ごろ横浜でひどいダメージを負った方が弊社にご相談にきました。それはひどいダメージです。美容師は自分の判断を誤ることをするとお客様の時間に本当に長く悪影響を与えてしまいます。しかし、もし、間違った指導を受け間違った判断を強いられていたら!本当にその美容師はかわいそうです。その担当者は、その後、そのお客様がダメージのケアーの相談に行っても責任をとり姿を見せなくなってしまったようです。化学反応の変化は、全て1+1=2答えは必ず決まっており、状況を見れば化学反応ですのでおおよそ逆算ができます。エンパニの技術者にはその能力を与えているので頼っていただいてよいかと思います。クセストレートにする縮毛矯正は、本当に難しい!でも、化学反応!還元酸化反応、軟化・膨潤・還元を制すれば、毛髪は必ず安定し美髪に導かれる!エンパニの技術は、この複雑な関係を解読し、正確に還元酸化反応をコントロールし、答えを出せます。この技術が美容業界に出ていけば、美容師は完璧にストレート技術を制覇できるでしょう!ただし、この美容業界間違ったノウハウをまき散らす美容師もいます。本当に正さなければなりません!

クセをとるストレート技術の注意点

クセをとるストレート技術では、正しい環境を与えれば必ず美髪になります。今回、他メーカーで美容業界に迷惑をかけるであろうメーカーがいますので、しっかりその間違えの記事を書いていきます。間違えを力ずくで正当化することは、本当に卑劣な行為です。エンパニでは、このようなメーカーが対処できなかった毛髪でもケアーさせていただかせております。クセをストレートにする!正しいことを知れば美容師は、もっと上手くなれる。

こんなふうになってしまっているなど、何か不安な部分がありましたら情報をお待ちしております。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ