ストレートパーマ

ストレートパーマ
ストレートパーマ
ストレートパーマとは、弱い毛髪、弱い癖などのくせを伸ばすストレート技術、ストレート効果は、縮毛矯正より弱くふくらみや美しさにかける場合が多く、人工的に作られたパーマウェーブやデジタルパーマウェーブをとる場合に多く用いられるが、デジパーなどは意外に取れないことが多く苦戦する。

・ストレートパーマのメリット
ストレートパーマは、日ごろブローするのが簡単になるとか、他の縮毛矯正に比べるとアイロンなどの酸化工程が少ないため時間が早く料金もお手ごろです。人工的ウェーブ(デジパー意外)をとりたいなどまた、やわい毛髪には、適した技術といえます。
・ストレートパーマのデメリット
ストレートパーマのデメリットは、毛髪の太さに対して残るためボリュームが出たままということとウェーブが完全には取れないということです。ボリューム感とダメージか入るため神経質な方には不都合です。また、ツヤ感を出すために塗り物剤が使用される場合があるため、違和感を感じる方も多いということです。

ストレートパーマの方法

ストレートパーマは、シャンプーを行いウェーブ・クセをとりたい部分に薬品をつけます。薬剤メーカーの指示書での薬品時間放置を行い(意外に毛髪の種類では早い遅いが極端)チェックをし流します。その後ストレートの形状維持状態を作る物理的な力を与えますが、ストレートパーマは、アイロンを使わないということから、ドライだけの場合もあり、ブローで行う場合もあり、この部分は、エアーストレートという部分に入ります。その後、薬品により毛髪内部の安定を行うわけです。

ストレートパーマでは、不安定な技術を行う美容師が、金儲けのために美しいストレートヘアのイメージ写真が宣伝に使われますが、薬剤メーカーの薬品的責任指示書に関して、ダメージや毛髪の不安定が起こることは、使い方、説明書の内容を行っていても、毛髪の特性種類が本当に複雑なため、指示書などは全て無意味です。美容師は、薬品を使うとき問題が起これば、責任を負う立場かと思われますが、実際は、メーカーが出す仕様書などの内容をしっかり行っていればいいという内容が事実です。法的には、指示書を守らなければなりません、しかし、仕様書道理では、結果が出ません。まだまだ美容業界の多くの問題は野放し状態でしょう。

ストレートパーマの技術力

ストレートパーマも全てその効果は、美容師の能力で変わります。薬品メーカーは、使っていい薬品を作ります、そうなるだろうという薬品を世の中に送り込みます。その薬品の使い方は、研究室で実験を重ねた情報のみです。標準的なデーターであり、その薬品効果は、その領域内に収まらない毛髪もあり美容師は実力を問われます。メーカーが指定できない領域を美容師はやることを迫られているということです。でも失敗が起これば、美容師が攻め立てられるのは当然です。だからこそ、真剣にとらえている責任ある美容師が求められるのです。

ストレートパーマは、技術次第です。薬品で、何がいいということではありません!毛髪は、一人ひとり違います。このことを対処するのは考え方とその美容師の技術の変化です。さらに、毛髪を最低限のグループわけができなければ美容師は務まりません!また薬品も、どのタイプの薬品が適しているかが重要で、一定のミネラルがいいとか、この成分がいいとか、技術で全てが見えてくると思います。

ストレートパーマ良い技術

ストレートパーマの良い技術というのは、美しい美髪ができる技術ではありません!これは、技術自体が、ツヤ効果を発揮できない技術であるためです。現状よりストレート効果が発揮できた現象が起こればそれが技術結果です。美髪結果を求めるならば、ストレートパーマではなく縮毛矯正やストレートパーマ技術プラスアイロン技術を使える美容院を選ぶとよいです。

もっと詳しく

shutterstock100
『エンジェルパニック』情報を詳しく知りたい方は、

『エンパニ』で検索

美容師でこのレベルの技術力やノウハウを手に入れたい

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 千葉 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です