エンパニ 縮毛矯正とは!美容関係者専用

行きつく技術レベル(縮毛矯正)でお客様が喜ぶならば
エンパニ®は、技術者の実力を上げる技術です

エンパ二®縮毛矯正の実力

『縮毛矯正技術は、技術力さえあれば、どんな薬品でも使いこなせます。』これが事実です。

美容師が行きつくレベル、毛髪をなるべく壊さないで美髪に導く!その成果は極上の美髪!これが、現在の美容師の最高レベルです。

お客様のために、あと少しレベルを上げてみませんか?美容師が縮毛矯正を扱う時最高レベルで仕事をしたいと思いませんか?もし今よりもレベルアップができるなら、その最終地点が完璧な完成形の美容師となれるなら、すべての薬品を使いこなせる実力は、メーカーを選ばなくてよいのです。あと少し、1%でも上手くなる可能性があるのなら前に進んでみましょう。誰でも、今良い実力がアップするのが、エンパニのシステムです。

  • アイロン技術って正解がある?⇒実は美しく毛髪を成形するアイロン方法があるのです。
  • 薬品は何がいいのだろう?⇒美容業界の考えの中に間違いがあります。ここを知ることができれば、本当の薬品の条件が見えてきます。
  • 今の感覚・毛髪診断はほんとうにあっているのだろうか?⇒皆様は、縮毛矯正という技術の仕上がりに対してかかわっている複数の理由を明確にすることが重要です、アイロン技術は、軟化環境で左右されている、薬品が行き過ぎた時やはりアイロン技術の調節が必要、アイロンが強い・弱いでも薬品の調節が必要一旦正しい法則のもとで美髪を作るなれば生じないと毛髪診断はできない。
  • なぜたまにジリジリしちゃう毛が出ちゃうのかな?⇒薬品設定にも問題がある場合、アイロン技術の変えなければならない癖がある、そして、そうなってしまう毛髪に関して前もって見極める力をつければ簡単
  • うちの仕上がりなんか硬いんだよね⇒使用している材料で毛髪の適切な化学反応の法則に合わないものがあります。
  • お客様が帰ってくるとダメージは表れている⇒それがない環境を作れます。

他メーカー縮毛矯正との比較

他メーカー縮毛矯正は、決して劣っているのではなく!エンパニ技術者は、どのメーカーのものを使っても美髪に導けます。ということは、既に薬品は出そろっているということ!毛髪さえ、理解していれば・・・今多くの美容師が、この薬品がいいよ!痛まないよといいことを勧められ購入使用しておりますが、エンパ二は、毛髪を極めているのでその薬品の性能を見極めて還元剤なら別に、毛髪の性質にあったものであればなんでもいいと技術者は判断します。

基本的に単純明快!色々な理論を解説している方は多くいますが、基本的に考えるのは、還元酸化と膨潤のみですべてが解決します。単に難しい解説をしているホームページに関しては、頭の中が混乱するばかりで、科学者が作った余計なものの説明としかないという部分を抑えておいてください。

現に、原始的なチオ剤を使って施術しても、7レベルぐらいのダメージをけして美髪に導いてしまっています。美容師が縮毛矯正でダメージを出すのは、まあまだダメージのメカニズムを理解できるノウハウが世の中になということになります。単純なのです。縮毛矯正という技術は単純なのです。ちょうどよく技術・化学反応を進めれば簡単なのです。

エンパニ縮毛矯正は美容師・お客様の味方

エンパ二縮毛矯正は、美容師・お客様の味方だということ!これが事実です。エンパニは、技術者が完璧に縮毛矯正を扱える理論を提供するメーカーです。それも、単純な薬品で毛髪を美髪に変化させられる技術力!化学反応だけで美髪に導く法則をすでに解いてしまった技術なのです。これを持つことで、美容業界、美容師優先の世界になります。

技術者に言いたい事は!
あなたが悪いのではなく
今まで教わった中にあまり真実がなかっただけです。

縮毛矯正美容液で、まずはレベルアップ

 縮毛矯正は難しいという事ばかり言っていてもエンパ二を学ぶ意思にはつながりませんよね!簡単にわかるように、エンパ二は、使うだけで実力が上がるものを提供しています。毛髪用美容液NP7とラスターローション!この2つの毛髪用美容液があれば、簡単に毛髪の環境が見やすく反応が安定する環境が生まれます。縮毛矯正では、この環境が本当に重要なので使うだけで結果が出るこのNP7とラスターローションで事実を確認してください。

  • ラスターローション
  •  ラスターローションは、毛髪の安定化を図り薬品が暴走する環境を美容師が想定内で解決できる逸品です。特に、水系・アクア縮毛矯正などを扱う美容師に好まれています。

  • NP7
  •  NP7は、硬い毛髪、カラーの技術にはもってこいです。薬品の効果を上げる働きがあるのですが、初めは、ラスターローションを使いこなしてからのおすすめとなります。

縮毛矯正エンジェルパニックの導入情報1

縮毛矯正を難しくさせている最悪なシナリオ

 縮毛矯正技術が今日まで正しい美髪を作れない技術になってしまっているのは、浅はかな開発者やビジネス優先的に考えているメーカーが最悪のシナリオを作り上げてきています。またその方々が行う講習では、薬品を売るため、お客様を欺くためのテクニックを教える講習となり、決して事実が動くことはありません。

縮毛矯正エンパ二は否定されることのない理論

 縮毛矯正エンパ二は、否定されることはありません。なぜなら非常にシンプルな考えから作られているからです。

縮毛矯正エンパニ理論=正しい基本の化学反応

否定できる技術者は相当の臆病者か無知なのでそんな意見は無視してください。

 縮毛矯正エンパに理論は、毛髪の結合を還元させます。適度に毛髪を柔らかくさせます。その化学反応が終了したら薬品を洗い流します。乾かし、アイロンの熱量で、形を酸化固定します。このアイロンが綺麗なほど美しい美髪になります。

 縮毛矯正とは、ただこれだけのシンプルな技術です。

 縮毛矯正の結果をダメにしているのは、必要もないのに技術を複雑にしているメーカーの技術です。そこから生まれるダメージがさらに美容師を追い込んでいるだけなので、美容業界は、ダメージを自作しトリートメントを売るサイクルが成り立ちます。

 エンパ二では、ダメージ(ダメージとは、不純な結合や分解作用からくる毛髪の理想としない状態)を作ることはありません。バサバサ・乾燥を起こすことはありません、他の美容師が行った縮毛矯正のダメージさえも安定させお客様に満足をいただける内容となっています。

 基本的に行っている内容は、縮毛矯正技術で毛髪強度を上げる結合強化技術です。

実際ほとんど美髪にしてしまう技術

縮毛矯正

 エンパニは、酸性系に偏った技術ではなく、また、還元効率のみにとらわれた技術でもありません!今は、酸性系縮毛矯正剤やスピエラ・システアミン・GMTなどの寄り道をいていますが、GMTがもっとも良いというレベルで、エンパ二は、そんなレベルのまだ先を行っています。道はひとつです。還元剤と毛髪の性質を攻略しているので、美髪を作ることができています。例えば、GMTがよいというレベル、それはエンパ二から見たら、まだ理解できていない部分があるのだなと感じるばかりです。ちまたで論争されている内容は既に断言できる結論に達しているのがエンパニです。

エンパニは、全て見切っています。

 縮毛矯正剤のスピエラ・システアミンで、私どもが美髪を作れるか作れないかですが、簡単です。どんな薬剤でも、チオでこのレベルを作る技術力は、スピエラやシステアミンを確実に適した毛髪環境領域で、全ての毛髪を見切り、正しく美髪に導きます。酸性系薬剤の弱点は、酸性領域なので入れば入るほど残留する!ここが問題です。このレベルは全て15年前にできていました。15年前の薬品レベル、チオ剤でも出来ていたということ、さらに、トリートメント効果剤は不必要ということ!やばい技術です。真実の縮毛矯正!動画だからうそが付けない結果と初めの状態!皆様これが本当の技術力です。

動画は事実を映し出しています。

縮毛矯正エンパニの効果

 エンパニで処理、縮毛矯正をすでにかけているダメージ部分の修復とハイトーンによる対応などが重要!エンパニは確実に正しい理論があるから正しく結果の出る、さらに、目的を果たす方法を選ぶことが出来るのです。


縮毛矯正エンパニは、感動を生みます。

 エンパニ縮毛矯正を施したモデル様が確実に喜ぶ姿です。触って友達が喜ぶ最高の無いようです。


縮毛矯正ハイダメージ処理

縮毛矯正技術でハイダメージを処理することは、非常に簡単です。毛髪を本当に知っていれば確実に短時間処理が可能になるないようです。エンパニは、全てを知ることで、毛髪の特性に合わせた技術を選択できます。

縮毛矯正エンパニとは!

 エンパニ縮毛矯正の全体像を説明した動画です。どの様な効果があるのか、どのレベルまで引き上げられるのかなど・・・ここで理解をいただけると幸いです。


縮毛矯正エンジェルパニックの導入情報1

*****

  • ダメージが出る技術では、トリートメント成分で、べたべたにするものが多く、ミネラルやツヤツヤ成分を売りにしています。
  • ノンアイロン技術は、アイロンテクニックが上手くないためアイロンを使わない方法です。この技術も過剰軟化を起こすのでダメージにつながります。以前、ダメージが無いという、うり、でしたが、ダメージに悩まされる方も多くいます。
  • 酸性系技術、この技術は、軟化状態を美容師が見切れないという状態で作られたものです。毛髪は、形状を変化させるために毛髪内部の分子を動くような環境にしますが、この部分の判断力が難しいため酸性系の薬品に移行されました。しかし、この技術は、アイロン技術で無理をします。適した毛髪に技術を行わないと癖は取れません!高温で引き伸ばすとその後最悪な状態になります。

*****

・縮毛矯正は、分かってしまえば簡単な技術
縮毛矯正という技術は、かなりハイレベルな判断力が必要となる技術です。
でも!エンパニで学んでしまえば、超簡単になります。
・多くのサロンがあれが良いこれが良いと宣伝する!
サロンでは、あれがよいこれがよいと宣伝をかける習性があります。
しかし、エンパニは、縮毛矯正とヘアカラーこのレベルが普通です。このレベルを作れる技術です。多くのサロンで良いと言われていることより、このレベルの仕上がる方法がいい事だと思いませんか?時によっては、酸性薬品も必要です。時によっては、ドライヤーでの酸化(エアストレート)もありです。アイロンはテクニックさまざま変えなければなりません!ハイダメージに濃厚成分処理も必要ですが、健康毛に行うことはナンセンスです。縮毛矯正は、強い縮毛を伸ばすもの!ストレートパーマは弱い癖を伸ばすもの!アイロンやドライ方法、酸化方法を熟知しなければ全てが解決しない技術です。だからすべてを学ぶことが最高を作る結果に導かれます。
・アイロンテクニックが不安!
ここで行っている技術成果は、すべてアイロンテクニックが充実していなければ完成しません!薬品安定も必要、毛髪診断も必要です。例えば、技術者の不得意な部分も今回の『プレローションP7』を使うとすべて見抜けます、だから上達します。こちらから多くの情報を得てまずは、基本を作り今より確実に良い結果を導きます。
・アイロンテクニックを身に着けよう!エンパニなら安心
髪の毛がチリチリになったり、高温で変な癖が出たり、これらの原因はすべてアイロンです。しかし、アイロンが悪いのではなくその使い方がダメです。エンパニを学んでしまえば、確実にどんな毛髪でも適した操作ができるよう訓練していきます。このレベルまでは何でも知っているので安心してください。エンパニの実力は、徹底的に勝ち残りレベルを追求しています。
・薬品と毛髪の関係がいまいち解りづらい
薬品と毛髪の関係は、多くの法則上成り立っています。本当に皆様は、勘違いしている内容があり、その教え込まれた嘘を改善していかなければ毛髪診断ができません!徹底して改善していきましょう!
・酸性縮毛矯正など簡単に攻略
酸性縮毛矯正に逃げていませんか?酸性縮毛矯正はいいとか・・・それは、アルカリによるダメージや薬品操作ができないために癖が伸びないパワーの仕上がりをあえて、提供しているのではありませんか?皆様間が悩む酸性系縮毛矯正の欠点を確実に消滅させることができています。
・エア酸化ストレート
ドライヤー等で酸化させるエアーストレート!皆様は攻略していますか?エンパニでは、全ての毛髪を熟知しているため最高の効果をだし、お客様に提供できます。早く私どもの技術をマスターしてしまってください。後は何も悩むことはありません!
・アクアストレート・矯正
水を使った縮毛矯正やストレート技術全て攻略済みです。奇妙な神の水など存在しません!化学の法則上結果は出ます。そんなことを言っているメーカーは、いまどきやばいので、早く化学的根拠ある技術を覚えその結果より効果を上げてください!
技術の安定を起こす考え
毛髪診断が的確でなければ、薬品もアイロンも悪になる!
薬品設定・時間配分が的確でなければ、毛髪特性も見えなく、アイロンも悪になる!
アイロンが下手であれば、全てが台無しになる!

重要なのは、毛髪診断・薬剤設定・アイロンテクニックすべてが整うこと!そして、結果が出るのが縮毛矯正です。またこの領域のすべてのことが分かると確実に、デジパーやパーマ・カラーまでも進化します。

 
これだけの情報を解読していれば、出来て当たり前!
 
だから、この結果が出るのです。

エンパニは、全ての技術を攻略している技術・毛髪から薬剤環境まで解読し、アイロンのテクニックを細かく理論的に操作できる技術です。導入するには最終形です。だから、どんなメーカーが出たとしてもこの技術を抜くことがないのです。正しく美髪を作り上げるには、エンパニを学ぶことが、無駄なく、時間を正しく使えるのです。道草は、もういいのでは?

使いこなせばトップになるしかない!技術

エンパニは、施術した部分が長期間ダメージなく素晴らしい状態を維持する高品質な縮毛矯正です。
エンパニを習得した技術者は、どのような薬品も使いこなす判断力が備わります。何がいいとか、どんな薬品がいいとか?など迷うことなく、的確な薬品を毛髪に選ぶことが可能となります。

簡単にちょっとした解説をしていきます。
縮毛矯正は、次の3つのブロックが複雑に絡み合います。

  • 確実な毛髪知識による毛髪診断
  • 自身のアイロン技術環境に適した薬剤設定
  • アイロンテクニックの微妙な調節・正確性

この3つのブロックすべてを完璧にしなければ、縮毛矯正の美髪効果確立を安定させることができません!

・毛髪診断
毛髪診断は、全ての判断の源です。薬剤設定もアイロンの力の配分・温度などの調節時にもこの毛髪診断ができていなければ全てで成功はありません!調節ができない技術者は、簡単な塗り物でのカバーをすることに専念してしまいます。さらに、ミネラル等の擬似作用を信じてしまいます。ここで出てくるすべての写真は、すべて、ミネラルなんか使っていません・・PPT・濃密成分使っていません!だけど綺麗です。早くこの領域に来てください。
・薬剤設定
毛髪診断と自分のアイロンのくせ、更に、アイロンをどこまで自在に操れるかという事で、この薬剤設定が正確に判断できます。確実に正確な美髪を作り上げるには、アイロンがしっかりでき上っていること!さらに、毛髪診断が出来上がっていなければ、高品質な仕上がりはありません!どんな薬品でもいいです!ただ、使いこなせることが条件!使いやすい薬品を選べばよいことです。アルカリのレベルは、毛髪に合わせればいいことです。
・アイロンテクニック
アイロンテクニックが出来上がっていなければ、毛髪診断からの薬剤設定ができません!重要なのは、この3つができていなければ、本当に皆様が知りたい真実は、出てこないのです。最終的な現象には、全て理由があります。ダメージが出ている状態には、そうなる理由が絶対にあるのです。しかし、全てが確実な知識でなければ、美髪はでき上ることはありません。
エンパニは、この3つが全て完璧なのです。

その中身は、奥が深くすべてが絡み合う環境なので、学ばなければ解明までかなりかかります。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ