髪質改善講座|縮毛矯正剤チオ等の性能を探る、薬害はあるの?

髪質改善講座|縮毛矯正剤チオ等の性能を探る、薬害はあるの?髪質改善講座では、美髪化に特化した髪質改善法、その技術を使う上で薬害・薬品等をどう考えているのか、そんな部分をしっかり伝えていきます。今まで美容業界で言われている薬害という部分エンパニ®(艶羽)がどう考えているのか?そんなことを皆様にお伝えしていきます。人の髪がきれいになる、だけど、人の手が酷く荒れる。そんなことが当たりまえなわけがない、美髪状態の髪は、安定した状態でなければならない、髪も皮膚も!エンパニ®の素晴らしい部分は、健康な毛髪であれば美髪化状態、ガサガサに荒れている毛髪はダメージ状態、手荒れのひどい薬品はなるべく使わない!このような考えが原点です。
髪質改善講座|縮毛矯正剤チオ等の性能を探る、薬害はあるの?

縮毛矯正剤の薬害を攻略する

縮毛矯正剤等の薬害
美容業界の薬品は、毛髪に対して影響を与える目的ある薬品で、さらに最低限人体に影響のない基準で作られています。基本は、肌につかないことが基準であり、過剰に接触してしまう美容師に関しては、防御するように指導されています。

縮毛矯正剤を選ぶ

縮毛矯正剤を選ぶには、何を基準として、選びますか?
1、体に対する毒性が少ない
2、毛髪が美しく整ってくれる
3、安い

縮毛矯正剤を選ぶには、こんな条件があれば最高です。

人体に対してやさしい薬品
技術力があれば、薬品は選べる
美しくするものは薬品ではなく、技術力!!

弊社では、皆様が確実に美髪を作れるようそのやり方ノウハウを教える会社です。

髪質改善講座縮毛矯正の考え

美容業界には多くの薬品があります。商品になっている以上合法的な薬品たちです。髪質改善講座では、髪をよくするのになぜ毒を塗る?などの考えに偏った方々にいつも伝えているのは、美容業界の薬品による薬害は、使用したものを安定状態にして自然界に返すことが最も重要、今言われているマイクロプラスティックなどは、分解できずに海に流れてしまうから非常に問題視されています。何しろ、縮毛矯正剤やパーマ液カラー剤を皮膚につけることなく使いしっかり薬品の効果を止めて流すことが重要です。本当に一番危険なのは美容師の手なのです。

縮毛矯正剤は、チオ剤で十分

髪質改善講座で推奨する薬品は、縮毛矯正剤は、チオで十分成果が上がるということ。チオを使い毛髪をダメージなく美髪に導くことが、事実行えるということが達成されているのが、現在の美容業界の最先端です。今までそんなことができるわけないということが常識だったと思いますが事実を知るとビジネス感が変わってきます。縮毛矯正で、美髪になる、そして持続する!美髪縮毛矯正という髪質改善技術が存在しています。

美容業界の刷り込み!縮毛矯正剤は、チオではダメージが出る!チオは危険など思い込んでいる方々からは、美容師の技術力で美髪に導くことは無理!と思い込まれ、システアミンやスピエラが使われるようになっています。
近年の縮毛矯正剤は、ダメージが出ることを基準としたもので、ダメージ後、毛髪をいかに美しく見えるようにごまかせる薬品が求められ受け入れられてきました。

最近では、酸性領域で十分に還元できるという薬品スピエラ・システアミンなどが出回っています。結局はどう還元するかが問題で、さらに毛髪をどのレベルまで軟化させるかが技術の成果につながるといって良いのではないでしょうか。

縮毛矯正剤は、ダメージでバサバサになることが、当たり前!とされていましたが、髪質改善講座が推奨する美髪縮毛矯正は、美容業界で同じ薬品を使っているのもかかわらず綺麗です。

これが常識!

毛髪の悪循環は、それらの付着物質を生かすための技術に美容師は、執着し基本となる毛髪の特性や技術の意味を考えないただの作業者となっています。ダメージをごまかす技術は、皆様の感覚さえも間違った方向に導き、本当の毛髪の特性や化学反応が起こった時点での判断力さえもすべてダメな方向に導いています。
髪質改善講座が推奨する美髪縮毛矯正エンパニは、先にも言いましたが、全てのノウハウで事実、美髪を作る方法を確立しています。

美髪を技術力と知識で作り上げることが可能なのです。その部分を実際に証明できているのが、髪質改善講座が推奨する美髪縮毛矯正エンパニ®なのです。

美髪縮毛矯正エンパニ®は、皆様を引き上げるために練習のための材料を提供し徐々に最高品質に向け練習していただくシステムとなっています。

私たちは全てを知っています。どんな大手メーカーより美髪になるための事実・方法を知っています。皆様が、受け入れやすい時期に事実をお渡ししていきますので、技術の混乱は少ないと思います。

美髪矯正シルクレッチは、初級の技術変化に過ぎません。
徐々に、材料がグレードアップしていきます。

今後多くのことを感じて、正しい毛髪知識を身につけてください。

このシステムは、多くの商品が、かさむ内容ではありません!

縮毛矯正で、シリコーンって悪いの?

縮毛矯正時使用されていた、シリコーンを、最近は、悪者にしているサロンが多く有ると思います私は、結構、はてな?なのですが・・・根本的に、水溶性シリコーンは、技術に悪影響は出ません。ただ、従来法縮毛矯正技術の失敗や他の技術の失敗をシリコーンのせいにしてしまっている。美容師が毛髪を壊し、その2次的処理に対してシリコーンが使用されているため、美容師が壊した。
毛髪のダメージがシリコーンのせいにされたりしています。根本、水溶性シリコーンでダメージは出ません!シリコーンは、かなり綺麗に毛髪のダメージを隠してしまうので、美容師は、そのダメージを読みきれず、縮毛矯正時など、極度な薬剤反応が起き爆発する!!
シリコーンが、ダメージを隠したから、美容師が失敗しただけで、
シリコーンが薬剤反応を最悪にしたのではありません。

ちょっと美容師も考えなおしたほうが良いと思います。

中には、はっきりとした基準もないのに、大手を馬鹿にする美容師もいます。
ただ、ダメージヘアーでシリコーンが必要な方!使えばいいと思います。しかし、健康毛なのに使う必要がない方は、使わないほうが良いです。全て適材適所で、使うべきです。ノンシリコーンブームに臨場して、プロの美容師が、極度なダメージヘアーの方にまでノンシリコーンをアピールし、商売するのはいかなるものかと思います。
良い物なら、自身を持って出せば良いと思います。
多くの商品は、美容師の失敗で事件に成り、商品が悪くなります。
ノンシリコーンや他の良いとされる商材も下手な美容師の手に渡れば同じ事になるのでお気をつけください。

縮毛矯正の薬品は強い

縮毛矯正等の技術時、美容師たちの手荒れをご存知でしょうか?
美容師は、シャンプーやパーマ液・縮毛矯正・カラー剤等に触れる事が多く・・・
多くと、このHPで気を使い書いているのは、本来、薬品は素手で触る事は、使用法にて注意書きがされています。触る事が無いと言うのが、表上の環境です。
しかし、講習会やメーカー指導の指導会などでは、素手が当然のような感覚で、縮毛矯正等が行われます。忙しければ忙しいほど、シャンプーなどは、素手が当たり前なので、その流れで技術を行ってしまう事が多いいのです。
薬品は、人体には、悪影響を与えないのでしょうか?
強い薬品が多いので、根本的に影響があります。ヒドイ手荒れを起こします。
私共では、この薬品の悪影響を最小限にしながら、仕事(縮毛矯正)をさせて、いただいております。このことは、お客様にとっても良いことで、私共い良いことは、当然お客様への影響も最小限に抑えていると言う事です。特にカラー脱毛が、一番、気になる現象なのですが、多くの方が薄毛等の内容が改善されています。カラーによる悪影響が、抑えられると言う事です。
男性の脱毛に関しては、影響等は確認できておりませんのでご了承下さい。

多くの方を喜ばしている、この立派な手!当店S君の手です。

012
縮毛矯正時、彼は、入社後、殆ど手袋をしておりません。
シャンプーを行うときは、手の感触が一番気持ちよいので、
当然素手です。これは美容業界当たり前ですね!
彼は、カラーの技術でも手袋をしない為、このようにつめが
染まっています。縮毛矯正剤は、強力な薬品ですが、彼の手は、
ヒドイ薬害的手荒れを起こしておりません!
これが、薬品を非常に優しく使用している内容だからこそ、
この結果につながります。皆様の頭の上で行う作業なので、
このことに関しては、人並みならぬ配慮で望んでおります。

※今はなるべく手袋をするように指導は、しております。

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正剤 パーマリンク

コメントを残す