美髪矯正の証明|美毛研究高難易度攻略技術エンパニ®

美髪矯正は、本当に化学的に毛髪を美髪にしているのだろうか?という疑問にお答えします。美毛研究高難易度攻略技術エンパニ®は、毛髪への化学反応により毛髪が美髪に成る環境を作りこんでいます。化学反応というのは、すべて同条件を整えた環境では、必ずその現象が起こることです。美毛研究高難易度攻略技術エンパニ®では、毛髪に還元作用、pH移行による膨潤をコントロールし、アイロン時の環境を整え正確なアイロン操作で毛髪を酸化し美髪へ導いています。このとき起こっている化学反応は、イオン結合の電離・解離を使っています。還元作用は、チオグリコール酸の還元反応を使っています。この化学反応というものは、同条件のもと同一反応としての結果しか出ません。ここを否定する馬鹿者は、なにも理解していないということをご理解ください!イオン結合はアイロン時終息状態になり安定しています。還元作用は、ほぼアイロン時に酸化されると仮定される技術を行っております。その結果美髪となる毛髪が出てきます。こんな単純な化学反応しか美髪矯正では使っていません。これを否定するものは相当な知識不足とこの条件で美髪に成るということすら、経験がない者です。

美髪矯正シルクレッチ®の基本

では、簡単な美髪矯正シルクレッチ®を行ってみましょう。毛髪を一定条件になるように整え、この毛髪に還元剤を使用します。今回使用するのは、毛髪も柔らかいので還元重視の薬品を使い膨潤は控えめにしておきます。単純にここまでのことを考えて、毛髪内部の結合に刺激を与えます。美髪矯正シルクレッチ®では、還元と膨潤とアイロン時の終息させる化学反応を誘発することです。

美髪矯正の証明基本技術

美髪矯正シルクレッチ®基本アフター

アイロン次第です。毛髪に対して形状固定するのはアイロン技術なんでアイロン操作がアバウトであればすべての形は崩れます。ツヤが無いのではなく、毛髪にはすでに水分定着が起こっているのでツヤは出ています。アイロンが上手くなければ面がそろいません。そこも問題です。全てがそろうことで本当の化学反応が見えてくるでしょう。
美髪矯正の証明基本技術アフター

サブコンテンツ

このページの先頭へ