ヘアカラー効果をエンパ二で変える

ヘアカラーと縮毛矯正の相性が悪い!などということが言われていますが、エンパニを学んでしまえばそんなことがないことを実感していただけます!相性が悪いのではなく、そういう技術なので、そうならないように改善してしまえば上のような結果につながります。

縮毛矯正上手い技術を行う美容師たち

 エンパニのヘアカラー法は、美容技術の中でも、もっとも難しいと言われる、縮毛矯正に対して、行える、非常に優れたカラー法です。エンパニにおいて、ダメージ最小とゆう結果に対し、こだわりぬいた商品です。本縮毛矯正に対し、ダメージを出す事は、あってはいけない事で、その品質を保つために、当店カラーは、最適に設定されております。

エンパニカラーの効果・特徴

本カラー法は、髪内部が安定に導かれ、、多少のダメージ緩和が行えます。
通常必ずダメージが進行する事が常識ですが、ダメージ緩和は、かなりの技術発達と言えます。
色が染まるのは当たり前、むら無く鮮やかさを引き立てます。
ダメージを出しづらく、後の乾燥に対しても出にくい!矯正毛に対して、非常に良い結果をもたらしてくれる水分補給力に優れ、毛髪は、ツヤ感を取り戻すことができる。毛髪内部にカラーにおける汚染物質を排除しつつ毛髪を維持できる。ヘアカラーなどで起こる脱毛の原因を排除している。
多くの方に継続して頂きたいカラーです。

ヘアカラーによる毛根への影響

 ヘアカラーでは、カラーが原因?と疑われるような、現象があります。薄毛や脱毛、髪が細くなったなど、様々の疑われているようです。白髪染めやカラーを頻繁にしてきた方々は、髪が細くなったり、癖が出てきてしまったり、脱毛が気になったりしています。このようなことから、当店では、ヘアカラー法を変え、このような現象が少しでも減る努力をしております。カラーの薬剤は、かなり、ストレスのかかる状態なのでその部分に配慮しております。内容的に多くの方の状態に変化が起こり、様々な良い結果に結びついています。他の脱毛に関しましては、まだ力不足なため、対処できません!ご了承下さい。

この2枚の写真は、カラーと縮毛矯正を行っていますが、技術法が違う事で、4ヵ月後、これだけの差が出ています。

縮毛矯正縮毛矯正カラー
    カラーにも矯正の結果を悪くしてしまう、理由がございます。

何が悪いの?

一般技術のように、ただ闇雲にカラーを行ってしまう事は、髪に大きなダメージを残してしまいます。
エンパニでは、ただカラーを行うのではありません!カラーをどのような技術で行えば、最高の状態になるかということを常に考え、解決してきました。その結果、現在の透明感のあるカラーに行きついたのです。一般的に言われる、トリートメント効果ではそれらにたどり着くことはありませんでした。行えば行うほど髪は重く水分を嫌う髪に変化していました。そして、その部分を、一般美容業界から考えを外すことにより乾燥ダメージのおこりづらい、長期持続のカラー法が実現したのです。そんな、エンパニカラーをご堪能ください。

トリートメントが無いの?

当店には、油系トリートメントメニューが誤差いません!サロンシャンプー台で使われているトリートメントもございません!からむ事を防ぐ、コンディショナー程度のものを使用させて頂かせて降ります。
若しくは、濃度の薄い一般商店向けのトリートメントぐらいで十分間に合ってしまいます。この状態が髪の状態、サロン来店時より良い状態でお帰りいただくために、内部結合強化、また、ダメージ除去を行っているため、ダメージを誤魔化し、かくす成分は使用しなくとも、ご納得いただける内容となっております。
良い結果を、ご満足いただけることと思いますので、ぜひお越し下さいませ。

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: エンジェルパニック パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です