秋田美髪システム美髪カラー法と薬品の悪影響軽減

秋田でご紹介している美髪システムでは、カラーのアレルギーに注目して美髪カラーを作り上げています。カラーは、髪が傷むという部分もあります。当然頭皮に対して優しい方法をとっているのだから、髪にも良い影響が出る美髪カラーとなっています、頭皮と違う髪の性質に合わせ技術を設定、美髪カラーでのダメージを感じさせない要因の一つとなっています。

美髪システムの考え

美髪システムでは、毛髪がいかに美髪に成るのかを日夜研究し、毛髪にトリートメントを詰め込む方法(疑似作用)誤魔化し効果ではなく、毛髪の根本から内部結合を考えるということを行っています。毛髪は、生きていることもなく、死細胞であり、現状では、細胞から角化していると考えたほうが良いと考えています。美髪システムでは、毛髪を蛋白質成分の集まりと考えそのたんぱく質(物質)の結合がいかなる結合なのかを紐解き、的確な薬品でその結合を動かす、自然原則の中の変化を用いて、毛髪を動かし安定させる技術へ向かせています。よって強引な毛髪環境の変化を極力抑えるため毛髪の崩壊を抑えています。

美髪カラーの考え

美髪カラーの考えは、いかにカラー剤をスキン(皮膚)に接触させないかが重要です。特に美容師は、カラーを行うときシャンプーしないで頭皮が乾いた状態でのカラーを行ってしまいます。このことは、頭皮にカラー剤がダイレクトに浸透し、アレルギーを起こしやすいと医師も発言しています。頭皮と髪は別物なのですが、皮膚は、表面が酸性であり内側がアルカリ更にバリアゾーンがあることに着目、アルカリであるカラー剤が乾いた皮膚を溶かしやすい状態なので、その部分にも着目、生きた細胞と髪は、死細胞であることにも着目、髪自身が賛成であることも着目、このようなことからアレルギー予防策としてのカラー法も確立しています。既にアレルギーが始まっている方はごの方法でも危険なのでお控えください。そして、アレルギーを怒らせることは可能ですが、いつ始まるかはすべて個人差です。

美髪システムの歴史

美髪システムは、15年前からこの技術レベルを持っていた技術です。もし美容業界で今の薬品が優れているならば、当時の酷い薬品で素晴らしい美髪を作り上げる技術力も抜けているはずです。現代の美容業界は、美容師が知識がなくても出来る薬品を目指していますが美容師が知識無ければ結局ダメージは出ます。薬品が変わろうと美容師が正しく毛髪の性質診断をしなければ何も問題は解決しません。それらの技術には限界値があり、その代償は、無理な技術による毛髪の崩壊、ダメージに現れてきます。美髪システムは、美容師が重要と考え美容師さんに多くの知識を持っていただくことで信頼を作りこんできています。

美髪システム普及

普及強化地域
秋田県 秋田市 大館市 男鹿市 雄勝郡羽後町 雄勝郡東成瀬村 潟上市 鹿角郡小坂町 鹿角市 北秋田郡上小阿仁村 北秋田市 仙北郡美郷町 仙北市 大仙市 にかほ市 能代市 南秋田郡井川町 南秋田郡大潟村 南秋田郡五城目町 南秋田郡八郎潟町 山本郡八峰町 山本郡藤里町 山本郡三種町 湯沢市 由利本荘市 横手市
秋田駅情報
〒010-0041 秋田県秋田市広面板橋添 広面字板橋添10−3

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 美髪矯正 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です