縮毛矯正クセストはクセ〇ト〇〇ではない

縮毛矯正クセストはクセ〇ト〇〇ではない!という事を今回しっかり押さえていただきたいと思います。世の中にある紛らわしい技術の類似に混同されずに済みます。

美容業界で使われる縮毛矯正クセストという名前は、癖をとるストレート技法という事、ストレートパーマという意味ではございません。癖をとるストレート技術全般を指し、強い癖をとるのには不適切なストレートパーマ技術であるという事を意味しているものではありません。縮毛矯正クセストというネーミングにて選ばれる消費者様、このネーミングに関して、クセスト矯正、クセスト縮毛、クセストレートなど様々な表現があるので消費者の方は、抑えておいてください。

縮毛矯正で最高を手に入れたい方

縮毛矯正で最高を手に入れたい方は、一度エンジェルパニックを体験してみてください。例えば、癖が強く伸ばしきってくれなかった、失敗がない縮毛矯正と言いながら美容師が言った状態にはならなかった!髪がにゅちゃにゅちゃする、仕上げる時濡れた状態からブラシでブローされ帰ったら再現性なく膨らんだ!美容業界には、様々な技術があり多くのお客様は、色々な体験をしていると思います。しかし、一度でもこんな体験をしたならば、エンジェルパニックを体験してみてください。ほとんどの方が、いままでの縮毛矯正を体験した以上の仕上がりとなります。

クセスト縮毛矯正のは難しい

クセスト縮毛矯正は難しい?いえいえ、どんな技術も美容師が努力すればよい成果は生まれてきますが、ただ厄介なのは、技術力もなく最終的に濡れた状態から毛髪に形を付ける目的でブラシを使いブローし始める美容師は基本的にストレート状態に毛髪を固定できていない技術力です。皆様に知っていただきたいことは、美容師は、ブローでダメージを隠しその日綺麗にするテクニックをっています。だから、ブローしてしまえばそのときかけた状態はブローで隠れてしまいます。クセストレート技術をするなら濡れた状態からノンテンションハンドブローで乾かすだけで結果を確認することが重要!その時ストレートになった形が本当の矯正の結果です。ストパー技術に関しては、そんな期待ができないのでストパーと名乗っている以上癖が残っても仕方ないことです。

クセをとるストレート技術で失敗

クセをとるストレート技術で失敗するのは、基本的に美容師が本当の毛髪知識を知らないからであって、薬品のせいでも、アイロンのせいでもありません。また洗練された美容師は、どんな薬品でもその毛髪の性質を見極め最高を作り上げることができます。クセストレート技術に関して失敗するのは、毛髪を見極められない、毛髪をクセの強さだけで測る、毛髪の強度を知らない、アイロンの本当の効果を理解していないなど!本当に浅はかな美容師が失敗を繰り返します。美容業界には、こんなひどい話もあります、酷いダメージを起こしても結局サロン側は、その後のケアーもしないで逃げる!オーナーは傷ついたお客様をにらむ威圧するなど本当に最悪ですね。

横浜でストレートヘアー求めるなら是非最高レベルの技術力を求めてください。

横浜駅近郊の縮毛矯正技術は、今後かなりレベルアップしていくので楽しみにしていてください。

契約で失敗してしまったサロンを救済

弊社にいらっしゃる美容経営者様には、他メーカーの契約にてビジネス的に窮地に追い込まれてご相談にいらっしゃる方が多くいます。新規は来るが、お客様がリピーターにならず、新規のお客様が尽きてしまったら非常に不安、材料費が高く利益が残らない、ネット環境の契約が高いなど、綺麗にしてあげたいけど髪がどんどん暴れてきている。

エンパニ縮毛矯正について知りたい方はこちらへ
カテゴリー: 縮毛矯正 横浜 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です